2013/03/29


 学園ものを読んでいると、もはや悲しみを感じる年頃になりました。ああ、こんな学校生活を送りたかったなあ、なんて。この時のしみじみとした気持ちは、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 いいですよね、学園もの。
 なくしてから初めてその価値に気づく系のジャンルに入ると思います。

 いつも隣にいる幼馴染や、快活なクラスメイトとか、おしとやかな後輩や、いたずら好きな色っぽい先輩。そういう美少女とのフラグが欲しくないと言えば嘘になりますし、いえむしろ今からでも是非ゲットしたいです。

 さておき、学校の、あの特有の雰囲気って、いいなって思うのです。
 特に、放課後の誰もいない教室とか。
 窓からは夕日が差し込んでいて、窓際に並んだ机に光が反射している。カーテンが風に揺れ、どこからか部活に励む生徒たちの声がして、吹奏楽の音色も聞こえて。静かなのだけれど、賑やかなあの雰囲気。ノスタルジックです。

 もしできることなら、また経験してみたいですね、学園もの。
 わがままを言えるのであれば、美少女とのフラグも、ひとつふたつたくさん。


 余談ですが、ツイッターをはじめました。正確には、また更新をすることにしました。
 最近流行りの、というには少し遅すぎるでしょうか。
 フォローしてもいいのよ。うふふ。

 Twitter
[PR]
by einsame | 2013-03-29 10:54