<   2010年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 うーん……。

 そうだなー……。

 やっぱりなー……。

 いやしかし……。

 でもなあ……。

 これしかない……。

 でも……。

 うーん……。

 ちくわしか持ってねえ。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-31 21:53
 ジブリ作品の中で、私は紅の豚が好きです。ですが周りを見るに、紅の豚好きは少数派のようでした。残念。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-30 22:19
 物語の組み立て方がまったく不明です。起承転結ってなんだろう。ご飯の食べ方なのかしら。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-28 23:30
 うぼうぼーうもーやゆーやよーんやゆやよーん。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-27 21:17
 短編小説って、いいよね。日常で短編小説だと、さらにいいよね。むしろ短編連作だよね。

 小説を長編と短編に分けた場合、私は書くのも読むのも短編派なのですが、最近はさらに短編よりです。加えて、上下に幅のある話は読まなくなってきました。

 昨日の深イイ話でタッチのセリフを紹介していたのですが、これがすごくぴったり来ました。「もういいよ。疲れるから」

 そう、読むのも疲れるのです。だから、疲れない日常系で、しかも短いのが楽なんです。もうそんなに若くないんです。鬼ごっことかで走り回るほどの体力もないのです。

 くだらないけどちょっと面白いくらいの話がいいです。書くならそんな話にします。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-25 19:57
 モルモットが飼いたいです。むしろ養いたい。部屋に住み着いて頂きたい。動物と触れ合いたいのです。名前は伯爵です。伯爵かわいいよ伯爵って言いたい。

 ですが、近辺にモルモットを扱うペットショップはないようです。せつない。ですがまあ、実際に飼うのも大変だろうし、こうして妄想してるのが一番でしょうか。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-24 20:53
 密かに英語を勉強中です。なにしろ私は、国際的な鶏を目指していますので(キリッ

 昔は英語が苦手だったのですが、というか今も苦手といえば苦手なのですが、身につけてると楽しそうだよね、と思いまして。海外に行って、下町で酒を飲んでいるおっさんとかと話したいですもの。あと、本を原著で読みたいですもの。

 というわけで、ちょっとずつ英語を学び始めましたが、ひどいです。いえ、わかっていたことではありますけれど。中学に入って最初のテストのときから、平均以上の点数を獲得した記憶がありません。中学一年のテストなんてあれですよ、ローマ字で北海道と書きなさいとか、ナンバーを英語で書きなさいとかですよ。それでも全然できなかったのだから笑っちゃいます。

 最低でも一日30分くらいずつを目安に、ちょこちょこやっています。ホームズが対訳で読めたり、外国のニュースが聞けたりするのだから、世の中も便利になったものですね。

 まあ、英語を身につける一番良い方法はアメリカに行くことなんでしょうけれど。英語しかない場所で英語が話せないとやばいって環境に半年も居れば勝手に身につきますよねたぶん。経験は実地によってのみ培われると言いますし、常に英語を話し、書き、読んでいればよろしいのかしら。英語でブログを書けば……って良いサイトがあるじゃない! ネイティブの人が添削してくれるLang8がある! けどだるー。

 どうでもいいけれど、最近、このブログの方向性がわかりません。
[PR]
by einsame | 2010-05-22 21:18
 なんとか6時起きを続けていますが、そろそろ辛くなってきました。だんだん、起きることが困難になりつつあります。まるで睡眠の積立を崩しているよう。土日はゆっくり寝坊しようと思います。

 最近読んだ本に、「勉強とは必ずリターンのある投資である」とありました。うーん、なるほど。

 勉強には大別して二種類と私は考えます。

 ……と始まり、勉強とはなんぞやと考えようと思ったのですが、面倒になりました。まあ、あれだよ、自分は何も知らないってことを徐々に発見するのが勉強なんだってばっちゃは言ってました。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-21 22:26
 最近、鉛筆の魅力に気づきました。

 現在の電動鉛筆削りが古い上、外観がボロボロになっているので、なうなうでしゃれしゃれな電動鉛筆削りを新しく買おうかと思ったのですが、どれもデザインが微妙です。ひとつ良いのを見つけたのですが、すでに廃盤なのだとか。

 デザイン的に手動の方が良い物が多いので、手動でいいかしら。電動にしなければならない理由というのもありませんし。

 加えて、荘子にこんな言葉があります。「機械の便利さは知っているが、それに頼って生きることはしない」と。故に私は機械に頼らずに鉛筆を削るのです! 手動の鉛筆削りも機械のような気が致しますが、私には何のことだかさっぱりわかりません。

 良いデザインのあるかしらー。
[PR]
by einsame | 2010-05-19 21:33
 萌えの対象が三国志にまで至った以上、戦国春秋時代も射程圏内にある。つまり、次に美少女となるのは孔子であり孟子であり荘子であり老子であり、あるいは韓非子とか荀子とか。史記辺りを参考にして、人とはどう生きるべきかや、あるいは帝王学なんかを楽しく学べる事態になりかねないと思います。恐ろしい……これは恐ろしいことやで……! やはり初手は論語……! ひらがな4文字流行に乗って、タイトルは「ろんごっ!」あるいは「いけいけ孔子ちゃん!」か「萌える論語」、どうせ幼女キャラにすれば大きなお友だちがたくさん釣れる……! しかし、できることなら子貢はクールビューティー……!

 雨の日に私はなにを考えているのだろう。

More
[PR]
by einsame | 2010-05-19 19:49